ナカノムラの生態日記

『小説家になろう』で連載中の『ナカノムラアヤスケ』の生存記録を綴っていく。<『カンナのカンナ』書籍化します>

<読書感想> web小説 異世界詐欺師のなんちゃって経営術

異世界詐欺師のなんちゃって経営術

 あるいは書籍版のタイトルが↓

異世界詐欺師のなんちゃって経営術(コンサルティング

 f:id:kannaka-kamisiro:20160706104832p:plain

 web小説発のライトノベルで現在書籍一巻が発売中の作品。

 web版はすでに完結しているが、後日談とショートストーリーが展開している。 

 リンクはこちら↓

 異世界詐欺師のなんちゃって経営術 

 恒例のあらすじから

<日本にその名を轟かせた大詐欺師・オオバヤシロ。

 悪運尽きて燃え尽きた彼が転生したのは――『嘘が吐けない巨大な都市』だった。

 嘘を嫌う『精霊神』により嘘吐きは【カエル】にされてしまう世界で、ヤシロは詐欺師として培った口先の上手さで成り上がっていく!

 異世界に転生した主人公が、『現代の知識』と『屁理屈』を武器に、巨乳美女を助けたり、極貧食堂を立て直したり、最底辺地区の生活環境を改善したりする物語>

 

 大詐欺師であった主人公が、類まれなる『巨乳』に愛を捧げるお話。

 違う!

 あらすじの通り、詐欺師としての『知識』や『屁理屈』を武器に、様々な状況での経営難を改善していくお話。でも『巨乳』に愛を捧げているのは嘘じゃない

 

 ただ、R元服な雰囲気は一切なく、どちらかといえばほんわかコメディ色が強い作品。主人公も最初は心が荒んでいるが、徐々に『なんだかんだ先生』に変貌?

 なんだかんだ先生がわからない? 

 ぶるらじみろ。

 

 話がそれました。

 この作品の魅力は『詐欺師』が『』を封じられながらも、逆にそれを逆手にとって窮地を脱する、という所。がつけないからこそ、逆にをつくよりも有利な状況に運んでいく技腕(話術)が冴える。

 

 さらに、舞台となる都市にはもう一つ、『会話を記録する』という仕組みが成り立っている。いつでもどこでも過去に交わした会話を『再生』出来るのだ。

 住人の中には『会話の記録』と『嘘封じ』を逆に利用する者もいるのだが、主人公はそのさらに上をいく『超屁理屈』を使うことによって黙らせてしまう。普段はおちゃらけているが、時々見せる『凄み』が痺れて憧れるかもしれない。DIOぉぉぉ……

 

 

 さて、毎回恒例のヒロインの魅力だが。

 愛と希望と夢と浪漫が溢れんばかりの『巨乳』である。

 さらにもう一人。

 雄大な大地(ガイア)の力を感じさせる大平原のごとき『貧乳』。

 この作品には沢山の『女性』が出てくるが、一番出番が多いのは上記の二人だろう。

 この前述の通りこの作品にはいわゆる『性的描写』はないのだが、だからこそコメディとして許される範囲で『』に情熱を捧げている。

 そもそもweb版のあとがきですらほぼ毎回『おっ◯い』という単語が出てくる。

 そこがいいのだが

 

 舞台が『異世界』ためか、登場する女性の殆どが『獣人』かそれに近い人種になっている(他の登場人物もそうだが)。先に挙げた二人に加えて、もう二人ほどレギュラーのような子たちがいるのだが、それは本編を実際に読んで確かめてほしい。

 とりあえず、ほぼ例外なく主人公に(言動で)弄られる。

 

 

 現在は書籍化しており一巻が発売中。

 イラストは『ファルまろ』さん。

 豊かな『』を描かれているあの人。『ダン』の紹介で少し取り上げた『必勝ダンジョン』書籍版のイラストも担当している。具現化したヒロインの姿に、一読者としてもう感無量。

 

 さて、最後はこの一言で締めたい。

 せ〜の

 パイオツ、カイデー!

異世界詐欺師のなんちゃって経営術 [ 宮地拓海 ]

価格:648円
(2016/7/8 00:03時点)
感想(0件)

ncode.syosetu.com

広告を非表示にする